ひとつの意見




私は皮膚が弱く、化学物質過敏症、金属アレルギーを持っているため、

かなり色々なケミカルに反応してしまいます。


壁紙を貼り替えるときに使う糊に入っている化学薬品でさえ反応してしまうため、

貼りたての部屋に入ると、途端に息が苦しくなり咳が止まりません。



以前、手がものすごく荒れたとき、

皮膚科に行くと、

ステロイドを使用しますか?

と聞かれましたが、


これ以上ケミカルを使用したくないため断ると、

過敏症でも使える手荒れのクリームを処方してくださいました。

(市販でも買えるようなものです。)



有難いことに、先生がこういう選択肢を与えてくださったため、

その敏感用肌のクリームで治すことができました。




どういうお医者様と出会うかにより選択肢が変わるのだと、改めて感じました。





長尾先生が、こうおっしゃっていました。


「誰しも最初から重症患者になるわけではない。

最初は皆軽症者。

軽症のうちに治療を行えば助かる方が多くいる。」




こういう意見もあると思います。


https://president.jp/articles/-/49053




11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示