平和でありますように




友人から、この額縁を開業祝にもらいました。

この《和》の文字が大好きです。


海外でアジアンヘイトクライムが増えてきたと聞きます。

(報道されていたのはアメリカでしたが、カナダでも起こっています。)


アジア人への暴力沙汰が増え、悲しい言葉を浴びせられるという事件が多発しています。


去年からの外出規制、職を失った、または閉店に追いこまれた人々、

鬱憤や苛々が募っているのが原因なのではないかと思います。



日本に居れば《日本人》でも、外国に住んでいれば、《アジア人》と一括りにされ、

ウイルスを持ち込んだ敵とみなされて、バッシングの標的にされます。


例え海外で生まれ育った、英語を母国語にする日系人(アジア系)でさえ、

アジア人の顔をしているというだけで、

「この国から出て行け!」と罵声を浴びせられるそうです。


その国が自分の母国だというのにです。


「外出する時は、フードのついた服を着て顔を隠し、アジア人だと分からないようにしてください。」という外務省のメールが届いたそうです。


なぜアジア人だと分からないように、隠して外を歩かないといけないのか・・・




報道番組で、ロサンゼルス東本願寺別院が放火され、器物損壊の被害にあったことを知りました。


海外に住む日本人にとって、海外で建てられた日本の寺院は、ある意味心の拠り所であり、故郷を感じられる唯一の場所です。


私もカナダに住んでいた時に、毎年近くの日本の寺院で除夜の鐘をならしに行き、シアトル付近の神社に初詣でに行っていました。


日本に浸れるこれらの場所が、それほど頻繁に母国に帰れない身にとっては、大切な憩いの空間だったのです。


だからこそ、この報道を見た時、

胸が痛みました。


もちろん、ヘイトクライムは、ごくごく一部の人達の犯行です。



人々の心が穏やかでいられますように。


世界が平和でありますように。






あんじゅリラクゼーション  けい子


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示