花粉症対策



花粉のシーズンです。

私自身はまだ大丈夫なのですが、それらしき症状がたまに出ることがあるため、

気を付けています。


シェア畑の講習の先生方は、外で作業している時間が長いのに、花粉の症状がないそうです。

土があると花粉もそこに落ちて吸収されるからでしょう。


でもアスファルトで舗装された都会では、舞ってきた花粉が落ちる場所がなく、そのまま舞い続けます。

でも皆が都会を離れて田舎に引っ越さないといけないかというと、それも無理な話です。


サーファーには花粉症の人がいないとも聞きますが、こちらはミネラルが豊富な海にいるからだと言われています。

とはいえ皆がサーファーになるわけにはいきません。



万人ができる対策は免疫を上げることです。

(ウイルス対策にも通じます。)


ビタミン・ミネラルをとり、添加物が入ったものを極力とらないようにする。

(サプリメントを否定はしませんが、飲みすぎには注意した方がいいかもしれません。)

外出が減った今、部屋の中でも、例え数時間、数十分でも、ビタミンDを摂るために太陽光に当たるよう心掛ける。


そして腸活をする。


腸内に善玉菌が多いほど、免疫力があがります。

(もちろん善玉菌を増やすだけでなく、バランスの取れた食事をとることが必要です。)


善玉菌を増やすために発酵食品を食べる。

ビタミン・ミネラルのバランスがとれた食品を摂って血液をサラサラにする。


ただ単に発酵食品をとっても、古い宿便が溜まっていたら効果がでないため、

まずはデトックスをすると良いと聞きます。


軽い断食(ファスティング)をして悪いものを出し、その後腸の善玉菌を増やすようにします。


外出した際には服などに花粉がつくため、それを度々掃うようにする。

目がかゆかったら手でこすらず水で洗う。

外出時に目を保護するためダテメガネをつける。

帰ったら喉のうがいをする。

空気清浄機を使用する。

鼻うがいをする。


下の画像の鼻うがいボトルは便利です。(画像はお借りしました。)


常温の水を使用し、天然塩を少し入れて鼻うがいをすると、全く痛くありません。








あんじゅリラクゼーション  けい子





11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Anju Relaxation all right reserved. 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon