治癒力





ある程度、楽観的、いい加減ですが、こと健康に関しては心配性で、

日々情報を集めてはにらめっこし実践しています。


ただ、正しいと思って読んでいた情報も刻々と変化することがあり、

最終的には自己判断に委ねなくてはいけません。



思い起こせば、

小さい頃はそんなことにお構いなく生活を楽しんでいたものです。



外で駆け回っている方が好きだったため、

山でダンボールを使って滑ったり、おたまじゃくしやザリガニを獲ったり、虫をとりに行ったりしていました。


小学5年の頃、れんげ畑を裸足で駆け回っている時に、足の裏に釘が刺さったことがあります。

太くて錆びた釘でしたが、破傷風なんていう病気の知識もなかったため、

自分でペンチで抜き、消毒をつけて放おっておいたら、いつの間にか治っていました。



小学6年の時、坂の上から男の子を混じえ、5,6人で自転車競争をしたことがあります。

急な坂を下った先にはブロック塀があり、その手前に小さな溝がありました。


私と、5年生の男の子が1番手を争い、

どうしても負けたくなかった私は勢いをつけ、

ブレーキをかける余裕も、ハンドルを切ることもできず、そのままブロック塀に衝突しました。


手前の小さい溝に自転車と身体がはまり、

ブロック塀に顔と身体半分をぶつけました。

ものすごい衝撃だった記憶が今でも鮮明に残っています。


通っていた小学校の方針で、なぜか工事現場で被るようなヘルメットを装着しないといけなかったため、幸いにも頭部は守られましたが、

顔、体中、傷だらけ、血だらけになりました。


でも今のように携帯もなく、母の仕事場の電話番号さえ知らなかったため、

傷を水で洗い、こたつにうずくまり、ただただ母の帰りを待ちました。


結局の所、母が帰ってきてからも病院には行っていません。

傷はしばらく残りましたが、数日後に自然に消滅していきました。


昨日、揚げ物をしていたら、油が飛び散って手に降りかかりました。

かなり皮膚の薄い部分です。

水につけて冷やしたのですが、面倒くさくなり、

オリーブオイルをつけておきました。

そしたら痛みも赤味も消えていきました。



もちろん思わぬ事が起きますので、

放置したり、こんな荒療法はお奨めしませんが、

人間の治癒力だって、なかなかあなどれません。






あんじゅリラクゼーション  

恵子



ご予約はこちらから


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示