氣功




かなり前ですが、少々不思議な体験をしました。


カルチャーセンターで、月5,000円という安さで気功教室が開催されていたのですが、遠方に住んでいた私は東京まで新幹線で通いました。


というのも、ある気功の書籍を読み、その気功家に興味を抱き、どうしてもお会いしたかったからです。


クラスの初日の日、何故か主催者の先生の姿は無く、他のインストラクターの方がクラスを教えています。

少々期待外れでした。


一通りの気功の型を教えてもらったあと、瞑想の時間に入りました。


その数分後、突然頭頂部の百会から【何か】が入り、それが風のようにものすごい勢いでピュ-っと足先まで貫通していったのです。


あまりの突然な出来事に心臓が波打ち、咄嗟に目を開けると、

先生らしき方が私の頭に手を置いていました。


どうやら先生の手から発する『氣』が身体に貫通したようです。


声も出せないほど動じていると、先生は私の額に手を置き、

「落ち着いて。目をつぶってください。」とおっしゃいました。


そして瞑想が終わった時には、先生はもう立ち去っていました。


インストラクターは「先生は何人かに気を入れましたが、気が貫通する人としない人、気を感じた人や感じない人など、様々な反応が現われたようです。」とおっしゃいました。


つまり、全ての人が私の様な経験をした訳ではないようでした。

『気』に対して敏感かどうか、又は先生との相性などもあるのかもしれません。



このあまりにも衝撃的な体験に心が震え、是非もう一度先生の気を体感したかったのですが、結局その後先生が現れることはなく、新幹線代が続かなかった為、クラスも断念しました。


どうやら先生は表舞台に出ない主義らしいのです。本の著者名もハンドルネームを使用し、自分の身分も明かしていません。


実は氣を入れられたあの時も、あまりの動揺に先生の顔さえ覚えていないのです。声を聞いているはずなのですが、男性なのか女性なのかも分かりません。



それまでは氣というものに関しても、「存在するのかもしれないな」という程度で、本当に実在するかどうか少々疑っていたところもありました。


でも自身でこの衝撃の体験をしてからは、確信していると言っていいほど、見えない《氣》というものの存在を信じています。



あんじゅリラクゼーション  

恵子



ご予約はこちらから


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示